転職をきっかけに高収入を狙う

病院薬剤師への転職をおこなうことによって、今の職場に対する様々な不満を消すことができるのですが、同時に自分自身の収入面をアップさせることも大切です。お金の話ではないと考えるかもしれませんが、その点は忘れないようにしましょう。

収入増は当たり前のこと

そもそも薬剤師という職業を選んだのはお金の問題だけではなく、その職業の社会的役割にも魅力を感じてのこととは思いますが、先立つものはやはりお金ですから、せっかく転職するのであれば、自らの収入をアップさせることを目指してください。現実に、転職後に収入がアップしているという薬剤師さんは数多くいます。そのため、収入増を目指すことはごく当たり前のことなのです。そして、収入がアップすることも当たり前のことなのです。やはり世の中全体でこれだけ薬剤師が不足している現代ですから、その資格を保有する薬剤師さんが今よりも更に良い収入を求めることは当然のことなのです。もちろん、これに関しても自分で交渉しようと思うと気が重いですし、言いくるめられてしまうかもしれませんが、プロに任せておけば安心です。薬剤師の転職サービスでは薬剤師の収入面に詳しいプロが相談にのってくれるため、今現在の収入が自分自身に適しているのかどうか、そして本来ならどの程度の収入を条件にするべきかなど、親身になって相談にのってくれるはずです。そして、最も厄介な新たな職場との賃金交渉もおこなってくれますので、自らの心証を悪くすることなく収入増を目指すことができるのです。

どの程度を目指すのか

今現在の勤め先からもらっている収入に満足しているのであれば問題ありませんが、そうでない場合は薬剤師専門の転職サービスを活用して収入増を目指していただきたいと思います。しかしながら、あまりに無茶な条件を出してしまえば、転職活動をするだけで、転職先を見つけることはできなくなってしまいますので、あくまでも自分に適したレベルの収入増を目指すようにしましょう。しかし、周りの薬剤師がどの程度の金額をもらっているのかはあまり知らないと思いますし、それぞれの条件によっても異なるので自分ではわからないと思います。たとえば勤務する先の規模によっても違いますし、地域や経験年数などによっても変わってくると思います。そのため、やはり転職サービスを活用してその道のプロに自分自身の適正な価格をはじき出してもらうのが一番なのではないでしょうか。もしかしたら今現在の収入が適正かもしれませんが、逆に驚くほど少なかったという結果になるかもしれません。その結果次第で転職するか否かを最終決定してもいいと思いますので、まずは自分自身の適正な価格と向き合うことからはじめてみてはいかがでしょうか。きっと、最終的には満足する結果が得られることと思います。

人間関係の良い職場探し

薬剤師として病院薬剤師に転職するために得られるメリットのひとつに、人間関係の改善が挙げられます。どんな職場でも合わない相手というものはいるわけなので、転職を機会にそんな人間関係にきっぱり別れを告げるようにしましょう。

人間関係の問題とは

どのような職場であっても同じことが言えますが、人間同士が一日中、しかも一年中顔を合わせていれば、いい部分も悪い部分も見えてきてしまうので、当然ながらそこには人間関係が悪くなるという事態も生じてしまします。それは薬剤師であっても同じなのですが、仕事が仕事だけにストレスがただでさえたまると思いますので、それ以上のストレスを抱え込むというのは避けて頂きたいところです。そのため、転職をおこなうことによって、人間関係で抱えていたストレスを消し去って頂きたいのですが、その場合にも「単に雰囲気がいい場所になればいい」という考え方なのか、それとももっと細かい条件があるのか、自分の中にある人間関係における不満をしっかりと考えてみるようにしましょう。そこをはっきりさせておかないと、新たな職場にどのような条件を求めるのかもはっきりしてきませんので、転職前に考えておくことが大切です。せっかく転職をしたのに、また人間関係で悩んで仕事に関係のない余計なストレスを抱えることになったなどということでは笑うに笑えませんから、転職を決意した今から理想形を想像しておくことが大切です。仕事以外の面ではノンストレスを目指してください。

新たな職場の環境

薬剤師の転職サービスを活用すると、新たな職場の環境に関しても事前に知ることができます。全てのサービスがそうではないのですが、中には転職先の職場の空気に関してもチェックしているところがあります。もちろん、単に人事担当者や雇用主に聞いただけでは、「うちは職場環境がいいです」と答えるに決まっています。自分のところを悪く言う人などいませんから、そう答えるのが当然なのです。そのため、転職サービスでは、どのような職場であるかを現場の人たちに調査しているのです。過去に同じ転職サービスを活用してその医療機関で働いている、いわば先輩がいるわけですが、そのような伝手を使って職場環境を調査するようにしているのです。人事担当者や雇用主のような上っ面の言葉ではなく、現場を知るリアルな感想が聞けるのも転職サービスを活用するメリットのひとつとなるわけです。そのようなことを事前に知ることができれば、転職してから後悔するようなことはありませんので、ここはぜひともそのようなサービスを活用してください。人間関係はある意味では職場におけるもっとも重要な要素でもありますから、そこで失敗しないためにもアドバイスは手に入れたほうがいいと思います。

通勤時間重視で職場を探す

薬剤師として転職をおこなうということは職場の場所を変えるということでもあります。もしも今まで通勤の面で不満を持っていたのであれば、転職によってそのような不満を解消することができますので、そのポイントも抑えておきましょう。

通勤時間は馬鹿にできない

通勤時間などというと、大したことのないポイントに思われるかもしれませんが、実はそうでもありません。一日に1時間の通勤時間が仮に30分になれば往復で60分の時間ができることになります。1日あたり1時間できるわけで一年に換算すれば365時間です。日数に換算すれば14日程度になります。一年でおよそ2週間も損をしているとも言えますので、こういうふうに考えると大したことがないとは言えなくなるのではないでしょうか。タイムイズマネーと言いますが、通勤時間が短くなればそれだけ寝ることも可能ですし、それだけ好きなことに費やす時間もできます。仕事の内容に時間を取られているのであればそれは仕方ないことと言えるかもしれませんが、通勤時間にとられていたのではどうでしょうか。もちろん、電車の中で読書をするのが好きだという人や、ドライブがてらに車で通勤するのが楽しいということであれば、通勤時間をあえて重要視する必要はないのかもしれませんが、もしも今現在の職場において通勤時間の不満があるようであれば、それは転職によって解決するべきではないでしょうか。通勤時間をたとえ10分でも短縮すれば、それはきっと自分の将来に大きな財産となるはずなので改めて考えてみてください。

電車通勤ならば猶更

もしも今、電車で通勤しており、転職を果たしたあとも電車での通勤を考えているのであれば、交通費という観点からも自分自身の通勤時間を見つめてみてください。もちろん、交通費は全額職場が負担しているでしょうし、今後もそうなのでしょうが、職場によっては交通費の上限が決まっており、それが理由で勤めたい病院に勤められないというケースがあるかもしれません。あまりに遠い場所の場合には、交通費が大きくなるので、さすがにそのような交通費を要求することはできなかったり、要求できたとしても相手側に毛嫌いされてしまうかもしれません。基本的に不採用になった場合の理由というものは明らかにされませんが、もしかしたら交通費が理由で不採用になってしまっているかもしれません。そんなことになってしまっては勿体ないので、今現在の交通費をこの機会に見直してみて、もう少し安い交通費で行ける転職先を見つけるというのもいいことだと思います。雇用する側も少しでも経費のかからない相手を雇いたいと思うはずですから、自分自身の交通費を見直すという作業はとても大切だと思います。また、これを機会に引っ越しを検討するということがあってもいいと思います。いずれにしても自分自身の「通勤」に目を向けることはとてもいいことなのです。

希望している雇用形態で採用してもらうために

転職して新たな職場で働きだす場合、前の職場では叶えることができなかった様々なことを叶えることができることになると思いますが、自分自身の細かい雇用条件に関しても転職を機に納得するものにしてしまうのがベストだと思います。

労働条件の不満

今現在の職場にどのような不満があるのかを洗い出す中で、雇用条件にも目を向けて頂きたいのですが、特に重視すべきは「労働条件」です。たとえば土日の出勤はあるのか、夜勤はあるのかなど、どのような働き方をしなければならないのかを決めた条件に関して、転職先となる新たな職場では自分自身が納得できるようなものにしてください。夜勤はつらいということになれば、転職先では夜勤しなくて済むようにすることが大切ですし、土日は家にいたいということになれば、そのような条件に合致する転職先を見つけることが大切です。今まではそのような条件であっても問題なかったとしても、場合によっては結婚や出産などによって必要とする条件が変わるかもしれませんので、自分自身の未来も見据えた上で自分が必要とする労働条件を考えるようにして、その条件を受け入れてくれる転職先を見つけるようにしましょう。もちろん、収入面などその他の条件も大切にしなければなりませんが、そもそも自分がつらい条件の中で働いていたのでは、たとえ収入がアップしたとしても意味がありませんので、そのような細かい条件もきちんと考えてください。そのような細かい条件こそが転職を成功させるか否かの分かれ目なのです。

福利厚生への希望

転職をしたあと、自分が納得できる福利厚生を手にすることも大事です。たとえばもっとも肝心なこととして、年間に取得できる休日の日数があります。そして、その休日をしっかりと取ることができる環境にあるかどうかも大切です。書面上は年間にとれる休日がしっかり書かれていたとしても、実際に働きだしてみると休みがほしいと言える環境ではなく、仕方なく休日をほとんどとらずに働いているという人も大勢います。それでも仕事が好きということであれば個人的には問題ないのかもしれませんが、きちんと休日を取得したいということであれば、そのような雰囲気の職場ではストレスになるばかりです。そのため、事前にそのような雰囲気まで含めて福利厚生がしっかりしているのかを把握することも大切になってくるのです。それ以外にも、女性であれば産休などの制度がしっかりしているのかなど、事前に把握しておきましょう。自分個人で転職活動をおこなうとなれば、そのへんのことはなかなか聞きにくいことかもしれませんが、転職サービスを通して確認するようになれば、自分の印象を悪くすることなく、合否に影響を与えることなく、しっかり確認することができますので、ぜひとも転職サービスをうまく活用して事前の把握につとめるようにしましょう。