希望している雇用形態で採用してもらうために

転職して新たな職場で働きだす場合、前の職場では叶えることができなかった様々なことを叶えることができることになると思いますが、自分自身の細かい雇用条件に関しても転職を機に納得するものにしてしまうのがベストだと思います。

労働条件の不満

今現在の職場にどのような不満があるのかを洗い出す中で、雇用条件にも目を向けて頂きたいのですが、特に重視すべきは「労働条件」です。たとえば土日の出勤はあるのか、夜勤はあるのかなど、どのような働き方をしなければならないのかを決めた条件に関して、転職先となる新たな職場では自分自身が納得できるようなものにしてください。夜勤はつらいということになれば、転職先では夜勤しなくて済むようにすることが大切ですし、土日は家にいたいということになれば、そのような条件に合致する転職先を見つけることが大切です。今まではそのような条件であっても問題なかったとしても、場合によっては結婚や出産などによって必要とする条件が変わるかもしれませんので、自分自身の未来も見据えた上で自分が必要とする労働条件を考えるようにして、その条件を受け入れてくれる転職先を見つけるようにしましょう。もちろん、収入面などその他の条件も大切にしなければなりませんが、そもそも自分がつらい条件の中で働いていたのでは、たとえ収入がアップしたとしても意味がありませんので、そのような細かい条件もきちんと考えてください。そのような細かい条件こそが転職を成功させるか否かの分かれ目なのです。

福利厚生への希望

転職をしたあと、自分が納得できる福利厚生を手にすることも大事です。たとえばもっとも肝心なこととして、年間に取得できる休日の日数があります。そして、その休日をしっかりと取ることができる環境にあるかどうかも大切です。書面上は年間にとれる休日がしっかり書かれていたとしても、実際に働きだしてみると休みがほしいと言える環境ではなく、仕方なく休日をほとんどとらずに働いているという人も大勢います。それでも仕事が好きということであれば個人的には問題ないのかもしれませんが、きちんと休日を取得したいということであれば、そのような雰囲気の職場ではストレスになるばかりです。そのため、事前にそのような雰囲気まで含めて福利厚生がしっかりしているのかを把握することも大切になってくるのです。それ以外にも、女性であれば産休などの制度がしっかりしているのかなど、事前に把握しておきましょう。自分個人で転職活動をおこなうとなれば、そのへんのことはなかなか聞きにくいことかもしれませんが、転職サービスを通して確認するようになれば、自分の印象を悪くすることなく、合否に影響を与えることなく、しっかり確認することができますので、ぜひとも転職サービスをうまく活用して事前の把握につとめるようにしましょう。