病院薬剤師求人を自分のものに

薬剤師には主に3つの種類の職場があるのですが、中でも今、もっともオススメしたいのは病院薬剤師という立場です。病院の薬局において働くわけですが、今はもっとも不足していることもあり、条件面でもメリットが大きいのでぜひとも転職を考えてみてください。

病院薬剤師のメリット

病院薬剤師は全国的に不足しているため、様々な好条件を提示した上で薬剤師を募集している医療機関がたくさんあるのですが、そもそも病院薬剤師にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

具体的に挙げるならば、まずは転勤などの異動がないということが挙げられます。

特にドラッグストアの場合にはチェーン展開しているお店が多くあるため、転勤というデメリットが生まれてしまうことがあります。転勤をしたくない場合には、非正社員としての身分で勤めるのが主で、そうなると今度は安定を求めることができなくなってしまいます。

病院薬剤師であればそのような心配はありませんので、その点に関しては大きなメリットになるのではないでしょうか。

また、もうひとつのメリットとしては勤務時間が挙げられます。最近のドラッグストアや薬局は、社会人の勤務後の利用を見越して営業時間を遅くまで伸ばしているのですが、病院はそのようなことがありませんので、勤務時間を日中のみに限定するということが可能になるのです。

また、あまり接客が得意ではないという場合にも、病院薬剤師であれば接客をすることはないので、もしもそのような点で悩みがあるようであれば、病院薬剤師に転職することによってメリットとなるのではないでしょうか。

病院薬剤師の安定性

そもそもの話になりますが、病院薬剤師というものは安定を求めることができます。病院薬剤師の雇用元は病院ということになりますので、その点では安定を求められる職場と言えるのではないでしょうか。

街中を見ていればわかると思いますが、ドラッグストアや薬局の閉店・撤退というものが最近は増えています。

いくら高齢化社会を迎えているとは言っても、同時に不景気という影響があるため、場所によっては薬品に頼らない人も多くいる地域があったり、購入を控える場所があったり、ライバル店があることによって撤退を余儀なくされることもあるわけです。

そのため、ドラッグストアなどに勤める場合には自分自身の雇用元がなくなるという可能性もありますが、それが医療機関ということになれば、そのような心配は少なくなるのではないでしょうか。

今の時代、どのような業種でも企業が倒産する可能性というものはあるのですが、病院が倒産に追い込まれるということはあまり聞いたことがありませんので、安定した場所で仕事にだけ没頭できるというのは、この上ない幸せと言えると思います。

また、公的な医療機関であれば、そのような心配はほぼなくなりますので、やはり病院薬剤師という立場は転職 薬剤師にかなりオススメできます。